生わさび付きわさび丼!孤独のグルメにも登場の静岡かどや

rp_20151231034902.jpg

わさびが好きだ。

特に生わさびはたまらない。

都内で蕎麦や刺身をいただく際、生わさびがでてくると僕はテンションがあがる。
練りわさびとは違って、生わさびの清涼感のある風味が僕は好きなのです。

わさびと言えば、静岡県の名産品のひとつ。
静岡でわさび三昧とかいいなと思っていたところ、『孤独のグルメ Season3』でわさび好きにはたまらない一品が登場した。

生わさび付きわさび丼

名前にわさびって2回入っているし、もう食べたくて仕方がない。

放送を見てからというものずっと食べたいと思っていたが、ようやく夏季休暇に伊豆への旅行を決めて『かどや』へ妻と行くことにしました。

『わさび園 かどや』 わさび本来の風味を味わえる料理

静岡県河津温泉郷。

多くの木々に囲まれた自然と綺麗な水の流れる川に恵まれた土地にある温泉郷。
川は河津七滝(かわづななだる)という滝にもなっており、わさびが育つ豊富な水があることが伺える。

f:id:islog:20151231034912j:plain

僕らは車で向かうことに。

東名高速の沼津から天城越えをして2時間程かかったかと思う。
電車の方はバスも通っているみたいです。

f:id:islog:20151231034924j:plain

山道を自然を楽しみながら進んで、お店を見つけた時は感動もひとしお。
生わさびの販売もしている。

f:id:islog:20151231034931j:plain

人気店で行列もできているとの前情報だったのだが、平日の昼時前だったのですんなり入ることができた。

f:id:islog:20151231034939j:plain

店先でも生わさびが販売されている。
素敵な光景。

f:id:islog:20151231034946j:plain

店内は孤独のグルメで見た映像と同じ。
この時は空いていたのですが、10分後には満席になっていた。

孤独のグルメの原作者や出演者のサインが飾られている。

f:id:islog:20151231034955j:plain

僕は『生わさび付きわさび丼とざるそばセット』、妻は『生わさび付きわさび丼』を注文。

それに『みそおでん』もプラスした。

わさびをおろしながら『みそおでん』をいただく

注文をすると生わさびが先に運ばれてくる。
この時点でもうすでにテンションがあがります。

店員さんから茎を折って茎側からおろすようにと、茎を何本か実際に折って教えてくださった。

f:id:islog:20151231035014j:plain

実際におろしてみると、意外と腕にくる。
香り立つわさびを見ながら夢中でおろす。

f:id:islog:20151231035023j:plain

ちょっと疲れてきたところで『みそおでん』が運ばれてきた。

f:id:islog:20151231035029j:plain

休憩がてらいただくことにする。
甘味噌がかけられていて美味。

このこんにゃくも綺麗な水でできている感じがした。

わさびを大半おろし終えた頃、ご飯が運ばれてくる流れ。

『生わさび付きわさび丼』

店員さんが食べ方を説明してくれる。

「ご飯の真ん中にわさびをのせて、わさびにかからないように周りに醤油をかけて召し上がってください」

はい!

さて、ご飯。
白米の上に鰹節がかかっただけの、どシンプルなフォルム。

f:id:islog:20151231035048j:plain

ここに先程おろしたわさびをのせる。

f:id:islog:20151231035055j:plain

最後にわさびにかからないように周りに醤油をかける。

f:id:islog:20151231035104j:plain

準備はOKだ。
孤独のグルメでは混ぜていたが、僕はこのままいただこう。

まずはがっとかきこんでみる。

旨い。

これは本当に旨い。

わさびと鰹節としょうゆと白米。
それだけだ。
それだけなのに、きっとそれだけだからか、旨い。

わさびの清涼感のある風味がはっきりとわかる。
後からくるツンとした刺激も、練りわさびのような重たい痛みのあるものではなく、後を引く透き通った刺激だ。

食材がうまければうまいほど、料理はシンプルなものが旨い。

そう思えた一品だった。

わさび丼には佃煮がついてくる。

f:id:islog:20151231035119j:plain

わさびのり、わさび味噌、わさび漬、わさびのくき三倍酢漬だったか。
これがわさび丼を盛り上げてくれる。
個人的にわさびのりがヒットし、帰りに土産屋で買って帰った。

『ざるそばセット』

f:id:islog:20151231035129j:plain

わさび丼は単品同様。

蕎麦にもわさびをのせていただく。
これが大事である。

f:id:islog:20151231035136j:plain

よく都内ではつゆにわさびを溶いて食べている方がいるが、あれではわさびの風味もつゆの風味も消してしまう。
のせて食べた方が数段旨い。

蕎麦は乾麺かな、と思われる特に蕎麦としては良くも無し。

だが、やはりわさびがメインと考えると悪くない。
それに水が旨い。
つゆが出汁の効いた薄味のつゆだったのだが、そのまま飲めるくらい美味かった。

蕎麦がもっと旨ければと思ったが、蕎麦の風味が強すぎるとわさびの良さが、といったこだわりがあるのだろうか。

ともかく、水とわさびの旨さが味わえる蕎麦だった。

まとめ

改めて、食材がうまければうまいほど料理はシンプルなものが旨い、そう思わせてくれる料理だった。

また、是非食べたい。

生わさびを購入して自宅で試そうかとも思ったが、その場の空気や水がこの味を生むと考え、再訪することを誓って店を出た。

満足です。
ごちそうさまでした。

帰りがけにわさびソフトクリームをいただいた。
甘さを感じた後にわさびの香りが抜け、だいぶ後にわさびの辛味を感じる。

f:id:islog:20151231035146j:plain

〆におすすめです。


わさび園 かどや

■住所
静岡県賀茂郡河津町梨本371-1

■TEL
0558-35-7290

■営業時間
わさび直売所は、9:00~17:00。
ただし、食堂は、14:00まで。売り切れ次第、早じまいあり。

■定休日
不定休



旅行前にはトリップアドバイザーで口コミを調べて旅行計画!航空券やホテル・レストラン、観光スポットについても調べることができます!



世界最大の口コミ旅行サイト

わさび園 かどや和食(その他) / 河津町その他)

昼総合点★★★★ 4.1

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*