葛飾名所の閻魔大王坐像|東小岩にある上品寺(じょうほんじ)へ

葛飾名所の閻魔大王坐像|東小岩にある上品寺(じょうほんじ)へ

東京都葛飾区東小岩にある上品寺(じょうほんじ)。そこに、葛飾の名所とされる閻魔大王坐像があります。

幼い頃には「嘘をつくと閻魔さまに舌を抜かれる」と親に言われて怖がったものです。これまでについた嘘を懺悔する意味でも、今回お参りしてきましたよ。

東京都葛飾区東小岩にある上品寺

上品寺は、新義真言宗のお寺。南四国南葛八十八ヶ所霊場28番、新四国四箇領八十八ヵ所霊場20番となっています。

平和橋通り沿いにあり、最寄駅は総武線「新小岩駅」になるようです。歩いて15分ほどでしょうか。
僕は住んでいる立石から徒歩で時々参拝しています。京成電鉄「立石駅」からも、徒歩15分〜20分ほどかと思います。

葛飾名所の閻魔大王坐像|東小岩にある上品寺(じょうほんじ)へ

「八幡山上品寺」と「ゑんま大王安置堂」の文字が目印です。

葛飾名所の閻魔大王坐像|東小岩にある上品寺(じょうほんじ)へ

境内に閻魔大王坐像がある「ゑんま大王安置堂」があります。

江戸時代から広く人々の信仰の対象になっている閻魔大王座像

葛飾名所の閻魔大王坐像|東小岩にある上品寺(じょうほんじ)へ

正門から入ってすぐ左手に「ゑんま大王安置堂」はあります。

葛飾名所の閻魔大王坐像|東小岩にある上品寺(じょうほんじ)へ

こちらの「閻魔大王座像」は、江戸時代から広く人々の信仰の対象になっているそうです。
ネットでは上品寺の読みが”じょうぼんじ”と書かれているのを目にしますが、こちらには”じょうほんじ”と書かれていますね。

葛飾名所の閻魔大王坐像|東小岩にある上品寺(じょうほんじ)へ

「ゑんま大王安置堂」の中に入ると、「閻魔大王座像」が鎮座しています。
この像は高さ206cmもあります。かつては江戸16閻魔のひとつとして栄えた区内最大のものとのこと。目の前にすると迫力がありますよ。

人間、一生嘘をつかないということは難しいのかもしれませんが、出来うる限り人にも自分にも嘘をつかないように生きることを手を合わせてお伝えしました。

 

まとめ

葛飾名所の閻魔大王坐像|東小岩にある上品寺(じょうほんじ)へ

上品寺内には、「ゑんま大王安置堂」の他に、八幡神社鳥居などもあります。

普段あまり見ることのない閻魔様を目の前にすると、それまでの自分の行いを見直し、身が引き締まる想いになります。若干アクセスは良くないですが、お参りしてみてはいかがでしょう。

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*