広島宮島の嚴島(いつくしま)神社!歴史を感じる美しい建築

rp_20151231003924.jpg

広島県、宮島にある嚴島(いつくしま)神社を参拝してきました。

ここまでの記事では広島駅から宮島口駅まで電車で移動し、フェリー乗り場近くで初の広島お好み焼きを頂きました。
その後フェリーにて宮島に移動しました。

今回は宮島巡り、嚴島神社を参拝した際のことについて綴ります。

広島県宮島にある世界遺産 嚴島神社を参拝

f:id:islog:20151231004004j:plain

嚴島神社と言えば、海に佇む大鳥居を思い浮かべる方も多いと思います。

f:id:islog:20151231004022j:plain

僕も宮島巡りを始めて最初に見惚れたのはこの光景でした。

厳島神社(いつくしまじんじゃ、正式表記:嚴島神社)は、広島県廿日市市の厳島(宮島)にある神社。式内社(名神大社)、安芸国一宮。旧社格は官幣中社で、現在は神社本庁の別表神社。神紋は「三つ盛り二重亀甲に剣花菱」。
古くは「伊都岐島神社」とも記された。全国に約500社ある厳島神社の総本社である。ユネスコの世界文化遺産に「厳島神社」として登録されている。

上記写真は潮が満ちている時のもので、干潮時には鳥居の下を歩いてくぐれるようになるとのことで、干潮時刻の夕方に僕らは参拝することにしました。

美しき建造物と景色

f:id:islog:20151231004043j:plain

参拝料を支払い、木で造られた廊下を歩いていきます。

f:id:islog:20151231004052j:plain

廊下の下には水が流れるようになっており、潮が満ちている時は海の上に佇むようになります。

他の神社では体験したことの無い立地にありながら、その飾りすぎない佇まいに心を奪われます。

f:id:islog:20151231004058j:plain

また、神社より大鳥居を眺めたときの景色が素晴らしく、足を止めていつまでも眺めていたい気持ちになります。

f:id:islog:20151231004106j:plain

すべてが美しい。

妻とここまで来れたこと、素晴らしい体験を共有できることを感謝し、手を合わさせていただきました。

f:id:islog:20151231004114j:plain

おみくじ 『平(たいら)』

f:id:islog:20151231004129j:plain

神社へ参った際には、その時々での助言をいただきたいと手を合わせ、おみくじを引かせてもらっています。

今回は『平』という初めていただく内容でした。

後で調べると、『平』は”たいら”と読むようです。
『平』をおみくじにいれている神社は少ないようです。

吉と凶の間にあり、「良くもなく悪くもなく」といった意味でした。

  • 大吉
  • 中吉
  • 小吉
  • 半吉
  • 末吉

まさに「平」という文字通りの意味ですね。

前回は『半吉』というこちらも初めての内容を豊川稲荷でいただきました。

おみくじにも色々な種類があるんですね。
何にしても、助言をありがたくいただき、日々邁進しようと思います。

大鳥居へ

f:id:islog:20151231004138j:plain

参拝後、大鳥居をくぐろうと干潟に降りました。

すでに多くの方が大鳥居の周りにいます。

昼には海の中にあったのに、夕方には歩いていけるなんて素敵です。

干潟にはヤドカリやカニや魚が見られました。

f:id:islog:20151231004145j:plain

豊かな海である証拠ですね。

鳥居のそばまでくると、その大きさに圧倒されます。

f:id:islog:20151231004152j:plain

潮が満ちている時は遠くから見るのでそこまで大きく感じないんですよね。

高さ16mあるこの鳥居ですが、驚くのは地中に柱が埋められているわけではないということです。
ただ、その場に佇んでいるんですね。

f:id:islog:20151231004159j:plain

鳥居をくぐってみます。
柱の下の方は、海の中にあることが多いため貝が付着しています。

f:id:islog:20151231004206j:plain

普段海の中にある鳥居を歩いてくぐる、素敵な体験でした。

まとめ

本殿をお参りし、大鳥居を近くで眺めることができ、大変満足のいく参拝となりました。

海の中に建っているため、本殿は修復を頻繁におこなわなくてはならないようです。

最後に少ないですが寄付をしてきました。
今後も自然と融合したこの美しい建築物が残っていくことを祈ります。


旅行前にはトリップアドバイザーで口コミを調べて旅行計画!航空券やホテル・レストラン、観光スポットについても調べることができます!



世界最大の口コミ旅行サイト

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*