「最近人生楽しくない。。」そう感じた時に見直すべきこと

rp_20151230101924.jpg

「最近、楽しくないな」
「毎日が面白くない」
そんな気持ちに、支配されておりました。

去年の夏頃、仕事の多忙さに余裕がなくなった僕は鬱に近い状態になりました。

『仙人』の肛門が僕に教えてくれた幸せが拡がる方程式

その頃僕の心の多くのスペースを占有していたのは、毎日がつまらないという閉塞感でした。

そんなときに、僕が思い出すようにしている見直すべきことについて綴ります。

人生が面白くないのは、面白い人と付き合えていないから 面白い人と付き合えていないのは、自分が面白くないから

変化の無い生活を望んでいないか

f:id:islog:20151230102041j:plain

毎日会社と自宅の往復だけ、帰ればだらだらとゲーム、週末は外に出ても行きつけの場所ばかりで、一緒に行くのも決まった友人と過ごしてばかり。。。
変化には力が必要なため、仕事で疲れたりしていると変化の無い生活にのめり込んでしまいがちです。

しかし、変化のない生活には当然ながら面白い出来事や話も生まれにくいはずです。

思い切っていつも行かない場所へ行ったり、日頃付き合いの無い人と交流を持ってみるなど、停滞した空気感の時こそ積極的に生活に変化を取り入れてみる必要があります。

新しい情報を避けていないか

f:id:islog:20151230102053j:plain

本や新聞などから情報をインプットしない人の思考は単純化しやすくなる傾向があります。
常に自分を高められるようにしたいものです。
また、そういう自分を高めようとしている人には、人が惹きつけられ話をしたがるようになります。

仕事に向かう電車の中からでも良いので、始められるようにしたいですね。

同じ人とばかり付き合っていないか

f:id:islog:20151230102108j:plain

ここに興味深い記事があります。

自分は、多くの時間をともに過ごしている5人の平均なのです。
自分の周りにいる人が、自分の考え方や行動、極端に言えば人生の成功までも決めているのです。
「長い時間をともに過ごしている5人」の平均が、今と未来の自分を作っている

極端と思うところもあるかもしれませんが、自分が多くの時間をともに過ごしている人が自分を構成するのに重要であることに違いありません。

会社の人との付き合いの飲みも大事かもしれません。
ですが、そこで話される内容は発展性のあるものでしょうか?

その時間を、あなたが信頼を寄せる人との時間や、新しい人との出会いに使ってみてはいかがでしょうか。

話がつまらなくなっていないか

f:id:islog:20151230102131j:plain

いつ会っても仕事の愚痴やネガティブな発言をしていたり、自分の発言には注意をするべきです。
話がつまらない人には人は集まりません。
ネガティブな話をしてもネガティブな気持ちを大きくする効果しかありません。
楽しく有意義な話をして輪を拡げましょう。

仕事・人生とうまく付き合えているか

f:id:islog:20151230102141j:plain

仕事との兼ね合いから気持ちが塞がっている方も多いのではないでしょうか。
人生において、仕事が占める時間の割合は大変大きいものです。

しっかりとそういった事実を認識した上で、生きていきたいものです。

本当に大切なものが何かを見失っていないか

f:id:islog:20151230102245j:plain

仕事に忙殺されればされるほど、自分にとって大切なものが何かを見失いがちになっていきます。
そんなときこそ、大切なものが何かを考えるべきでしょう。

現代の矛盾を表した「ジョージ・カーリン」の言葉が心に刺さる

最後に

f:id:islog:20151230102306j:plain

自分が「毎日がつまらない」と感じるということは、多くの場合「自分自身がつまらない人間になっているから」だと思います。
まずは自分の日々の生活を見直して、ポジティブに新しいものを受け止めることで、面白い人たちも自然と集まってくるはずです。

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*