ビールにサンマーメンに中華丼!『一福』横須賀どぶ板通りの大衆食堂

念願の『一福』へ。

どぶ板通り商店街でハシゴ酒をしようと横須賀に繰り出した日の前半戦、昼時で空腹だったこともあり老舗の大衆食堂で腹ごしらえすることにしました。本格的に呑む前に食べておかないとということで、食べてみたかったサンマーメンを求めて一福へ。

和洋食に中華!酒も楽しめる大衆食堂『一福』

前回に引き続き、Tommyさん(id:TommyBackpacker)とヤカンと僕、3人での横須賀探訪の巻。

京急汐入駅からヴェルニー公園へ!海と軍艦…横須賀らしい景色を堪能

京浜急行線汐入駅で落ち合ったあと、海沿いの景色が美しいヴェルニー公園で缶ビールを一杯。その後、11時に集まったこともありお腹も減っていたので、Tommyさんオススメの大衆食堂『一福(いちふく)』で食事をすることにしたのでした。

f:id:islog:20160823104204j:plain

一福は汐入駅より徒歩3分ほどのところにあります。

「一福」と書かれた暖簾には、左に「和洋食」、右には「中華」と書かれています。ああ好きだ、なんでもありの大衆食堂。レトロな外観も含め、もうすでに好み。

f:id:islog:20160823104205j:plain

中華メインと頭にあったのですが、ショーウィンドウにはオムライス。暖簾に偽り無し。メニューを見ると、なんでもあってどれも安い、といった印象でなかに入るのがなんとも楽しみになります。

どぶ板通り商店街周辺(京急汐入駅付近)数軒のバーを飲み歩く!

ここまで楽しみにしていたのは、前回のハシゴ酒の際には一福は閉まっていて入れなかったということもありまして。

blog.tommy-bp.com

Tommyさんの記事を読んでモチベーションを上げていたので、念願の一福だったのです。

味のある店の内観を肴にビールを楽しむ

f:id:islog:20160823120914j:plain

店内は外観から想像するよりも広く、カウンターにテーブル席、座敷なんかもありました。50席ほどあるようですね。

f:id:islog:20160823104209j:plain

奥のほうのテーブル席に着き、とりあえずのビールを注文。この日2度目のビールですね。お通しは昆布の佃煮。
コップがキリンビールにアサヒビール、三ツ矢サイダーとそれぞれ違うのもいい感じ。

f:id:islog:20160823104208j:plain

昆布の佃煮を肴にビールをちびちびと。席の近くにはレジがあったのですが、これがまたレトロでいい味出してるのです。実際に使われているのですが、本来は料金を表示していたと思われる数字は22220から動いていませんでした。

f:id:islog:20160823104213j:plain

店の奥の壁側にドサっと積まれた漫画本たち。フリマか、というくらいたくさん置いてあります。無造作に置かれている感じがなんとも大衆的な雰囲気を醸し出していて素敵。
内観にも味があって、酒の肴にもなるお店です。

昼食にサンマーメンと中華丼と炒めうどん

さてさて、ビールもそこそこに食事食事……ということで。

f:id:islog:20160823104214j:plain

品書きを見てみるとたくさんの料理が。かけそば390円・カレー480円と、なんでもあってどれも安い。良心的ですね。

それにしても気になる料理がたくさんあります。ひやむぎ・冷やし中華・鍋焼きうどんが年中無休というのも面白いですし、そばにラーメンに洋食に定食……とその時に食べたいものに何かしらヒットしそうなラインナップになっています。

Tommyさんオススメのサンマーメンはスタメン確定……他には中華丼と炒めうどん(醤油味)を3人でシェアして食べることとしました。

サンマーメン

f:id:islog:20160823104216j:plain

こちらが念願のサンマーメン。530円。

サンマーメンは神奈川県のご当地ラーメンで、塩ラーメンや醤油ラーメンにとろみのあるあんをかけたもの。東京で何度か食べたことはあるものの、本場で食べるのは初めてです。
味は醤油ベースで、昔ながらのうま煮麺のようでほっこりと安心する味。具は豚肉や白菜、もやしにキクラゲなどを炒めあんとしてかけられており、麺は細麺でとろみのあるスープがよくからみます。旨味がしっかりとしているので単品で満足のいく味わい。旨い。
今回食べたもののなかで、このサンマーメンが個人的には一番好きでした。

中華丼

f:id:islog:20160823104217j:plain

X JAPANのHIDEが好んで食べていたという中華丼。530円也。

白飯にたっぷりとかけられた中華あんは、サンマーメンと同様のような味わい。しかし、サンマーメンは醤油ベースのスープと相まって旨味が増していましたが、中華丼ではあん単体なのでちと深みに欠ける印象。海鮮の具が入っていないからかしら。美味しいのですけどね。
写真の中華丼以外に、お新香と汁物がついてきます。

炒めうどん(醤油味)

f:id:islog:20160823104218j:plain

こちらは炒めうどん。470円。醤油・ソース・ケチャップの味があったのですが、無難そうな醤油としました。

具はピーマンや豚肉、炒めたうどんの上に鰹節がちらしてあります。味は一般的な焼うどんと同様。これといって特徴はないですが、大衆食堂で食べるには相性の良い逸品だと思います。

まとめ

念願の一福でしたが、なんとも味のある雰囲気のお店でした。まだ3品しか食べていないですが、いまのところサンマーメンがオススメですね。

次はこの店で昼からのんびりと飲むのもいいかなと思っています。お腹が減ったらいくらでも試したいメニューはありますしね。いいお店を紹介していただきましたー。


一福

■住所
神奈川県横須賀市本町3-12

■TEL
046-822-3881

■営業時間
11:30~23:00

■定休日
日曜


筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*