新小岩『支那麺 はしご』太肉麺と支那麺と絶品焼き餃子

新小岩『支那麺 はしご』の太肉麺と支那麺と絶品焼き餃子で舌鼓!

昔ながらのオーソドックスでど真ん中ストレートの醤油ラーメンが僕は好きだ。

何度かブログ内でも言っているかもしれないが、そんなラーメンが好きである。

歳のせいもあってか、最近はコテコテのラーメンを食べると胃がやられるようになってきた。
なおさら、旨みがありながらもさっぱりしたラーメンを好むようになった。

そんな最近の好みもあり、「支那そば」というワードを見ると惹かれるようになっているのだ。

新小岩を歩いている時に、そのワードを見た記憶を頼りに、その場所に足を向けてみた。

太肉麺(だあろうめん)と支那麺(しなめん)と手作り餃子

f:id:islog:20151231041653j:plain

支那麺 はしご』はJR総武線新小岩駅の南口から歩いて5〜6分くらいのところにある。

f:id:islog:20151231041701j:plain

店内はカウンターとテーブル席があり、昔ながらの中華そば屋といった雰囲気。

f:id:islog:20151231041709j:plain

店が掲載された昔のTokyo Walkerが飾られたりする。
老舗なことがわかる。

f:id:islog:20151231041719j:plain

だんだんめんと呼ばれる担々麺が人気のようだが、支那麺系を注文することにする。

僕は太肉麺(だあろうめん)、

妻が支那麺(しなめん)を注文した。

加えて、手作り餃子とシュウマイを頼んだ。

太肉麺(だあろうめん)

f:id:islog:20151231041733j:plain

一日以上煮込んでやわらかくなった豚肉が入っている、醤油味のつゆそば

メニューにそう書いてあった通り、チャーシューとチンゲン菜が添えられたシンプルな中華そばである。

澄んだスープはあっさりとしているが、奥深い旨みが感じられる。
醤油とダシの旨みが後を引く。
旨みはしっかりとしていながらもすっきりとした後味だ。

麺は細麺でつるつるモチモチ。
スープと相性抜群の麺である。

またほのかに感じる程度に柚子が香る。
よくみると柚子皮が入っており、良いアクセントになっている。

旨かった。

支那麺(しなめん)

f:id:islog:20151231041751j:plain

豚肩ロースのひき肉と野沢菜を炒めた具が入っている、あっさりとした醤油味のつゆそば

通常入っているような具が一切ない、どシンプルな中華そばだ。

こちらは野沢菜の味が強く感じられた。

シュウマイ

f:id:islog:20151231041804j:plain

手作りシュウマイである。
1個から注文できるようになっている。

手作り感を感じられる、肉の旨みがおいしいシュウマイだった。

焼き餃子

f:id:islog:20151231041813j:plain

値が張るなと思っていたら、それに相応しい大変旨い餃子だった。

ひとつひとつが大きく、一口頬張ってみると小籠包のように肉汁が溢れ出す。

皮は厚くモチモチとしている。
かじった時のパリッとした歯触りも楽しめる。
餡は肉が大半だが、春雨がはいっていたりと工夫が感じられる。

餡にしっかりと味が付いているため、店からは酢とカラシにつけて食べるのを勧めている。
何もつけなくても美味しくいただけるが、酢とカラシを混ぜたものにつけて食べると、餡の旨みがより感じられさっぱりといただけた。

まとめ

中華そばもさることながら、餃子が大変美味だった。
新小岩方面に行くことがあったら、また是非寄りたい。

次回はだんだんめんをいただいてみようと思う。


支那麺 はしご 新小岩店

■住所
東京都葛飾区新小岩1-50-10

■TEL
03-3653-5137

■営業時間
11:00~翌1:00

■定休日
不定休


支那麺 はしご 新小岩店担々麺 / 新小岩駅

昼総合点★★★☆☆ 3.8

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*