釣ったアイナメとカワハギを鍋に!寒い時期にはオススメの鍋|絶品釣りメシ

釣ったアイナメとカワハギを鍋に!寒い時期にはオススメの鍋|絶品釣りメシ

茨城県鹿嶋への釣行でアイナメとカワハギが釣れたので、自宅に戻った後さばいてあったか鍋に!アイナメとカワハギの鍋です。

鍋であれば魚を3枚下ろしにする必要もなく、ぶつ切りにして入れればいいだけなので簡単です。魚の出汁が出ておいしいですし、寒い時期には身体が温まるのでおすすめですよ。

茨城県鹿嶋の堤防釣りで釣りあげた魚をさばいて鍋に!

茨城県鹿嶋の堤防への釣行。

茨城県鹿嶋で堤防夜釣り!秋の釣果はアイナメに小サバ・アジなど

鯖やアジ・イワシが中心の釣果だったのですが、なかなか良いサイズのアイナメやカワハギも釣れました。

釣ったアイナメとカワハギを鍋に!寒い時期にはオススメの鍋|絶品釣りメシ

鯖は干物やしめ鯖の手毬寿司に。

釣った鯖(サバ)でつくる「しめ鯖の手毬寿司」|絶品釣りメシ

釣りあげた鯖(サバ)で一夜干し!干物は手軽に楽しめます|絶品釣りメシ

アジやイワシはフライにしました。

釣ったアジとウルメイワシをフライに!釣った魚で絶品釣りメシ!

さて、アイナメとカワハギをどうするかですが、どちらも1匹ずつだったので、鍋にして食べてみることにしたのです。

アイナメとカワハギをさばいて鍋の具材に

アイナメもカワハギも釣った直後に血抜きをしておきました。

釣ったアイナメとカワハギを鍋に!寒い時期にはオススメの鍋|絶品釣りメシ

20数センチのサイズのアイナメ。穴釣り用の竿で釣っていたため、結構な引きがありました。
さばくときは、鱗と内臓を取りぶつ切りにします。

釣ったアイナメとカワハギを鍋に!寒い時期にはオススメの鍋|絶品釣りメシ

カワハギは皮を剥いでから内臓を取り、ぶつ切りにします。内臓をとる際は、肝をつぶさないように気をつけて慎重にさばきます。カワハギは肝が命ですからね。

カワハギ刺身+肝醤油・しめ鯖・アジ等のなめろう!釣った魚を食す!

カワハギは刺身にして肝醤油につけて食べるのが鉄板ですが、今回は一匹だったのでね。

釣ったアイナメとカワハギを鍋に!寒い時期にはオススメの鍋|絶品釣りメシ

さばき終わった後はこんな感じ。サイズがそこそこあったので、食べ応えがありそうですね。

さばいた魚をあったか鍋に!

釣ったアイナメとカワハギを鍋に!寒い時期にはオススメの鍋|絶品釣りメシ

野菜やキノコ類と一緒に魚を入れるとこんな感じ。
肝は日本酒に漬けておき、濾してから鍋に入れます。肝の旨味がスープにしみだして、なんともおいしくなるのです。

釣ったアイナメとカワハギを鍋に!寒い時期にはオススメの鍋|絶品釣りメシ

写真の見栄えは微妙ですが、煮立った後にスープを一口飲んでみると、魚と肝の風味がよく出ていて美味。魚も新鮮なのでプリプリしており、良い味をしています。

まとめ

アイナメもカワハギもおいしかったです。カワハギは刺身のほか煮物にしてもおいしいですが、鍋にも合いますね。

鍋だと、3枚下ろしなどにする必要がないので、さばくのも簡単。魚の出汁がでておいしいので、寒い時期には特におすすめですよ。

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*