蕎麦処『鈴乃屋』千葉県富津市湊の蕎麦屋で食す天丼ともりそば

rp_20151230173917.jpg

週末、友人2人と妻と共に千葉県の内房に釣りに行ってきました。
潮が悪く釣果はいまいちだったのですが、気持ちのいい釣行になりましてので、その模様は明日綴ろうと思います。

今日はその釣りの帰りに立ち寄った蕎麦屋『鈴乃屋』について綴ります。

天ぷらにインパクトあり!『鈴乃屋』で自家挽き製粉の蕎麦

f:id:islog:20151230173928j:plain

『鈴乃屋』は127号線沿いにあります。
セブンイレブンの向かいになります。
電車だと、上総湊が最寄り駅です。

釣果が思うような結果では無かったので、美味しいものを食べて帰ろうとしたのですが、時間が遅めだったのでどこもやっておらず。。。
どこかないかな、と127号線を車ではしっている時に発見して立ち寄りました。

店内はファミリーでも入りやすい蕎麦屋さんらしく広い造りとなっていました。

f:id:islog:20151230173939j:plain

板わさをビールでちびちびと

まずはビールに合わせて板わさを注文しました。

f:id:islog:20151230173947j:plain

男性友人2人がいたので、ビールは2人に任せます。
僕は運転手だったので自宅まで我慢ですw

ここの板わさはかまぼこの飾りが綺麗ですね。
弾力があり、美味でした。

あと、わさびがものすごくツンとしました。

僕は『天丼ともりそばのセット』、
妻は『鍋焼きうどん』を注文しました。

『天丼ともりそばのセット』

f:id:islog:20151230173956j:plain

見た目からまず美味しそうです。
天丼・そば・お新香・味噌汁がついてきます。

蕎麦よりも天丼のボリュームに目が奪われますね。
蕎麦はあまりホシは見られません。

天丼は大きな海老が2本と、イカとピーマンがのっていました。
タレは濃い目の醤油ベースで甘みよりもしょっぱさが強い感じでした。
ご飯に合っていて、ボリュームもありおいしかったです。

蕎麦はいつも通りまずはつゆにつけずにいただいてみます。
自家製粉なので期待していましたが、蕎麦の香りはほとんど感じられず、個人的には『普通』な印象でした。

とはいえ、セットとしては満足でした。

ちょっと驚いたのは、そば湯にゆずが加えられていたことですね。
これまた蕎麦の風味がもっと強ければおいしいのかなと思いました。

『鍋焼きうどん』

f:id:islog:20151230174005j:plain

こちらもボリュームがすごいですね。
寒い季節には食べたくなりますよね。

妻曰く、具がたくさん入っていて、玉子が出し巻き玉子のようになっていて甘くておいしかったとのことです。
うどんはやわらかめで味が染み込んでいてこれまた美味しかったそうです。

つゆを少しいただきましたが、しょっぱめですが深い味でした。

まとめ

地元に愛されてるお店だと思われ、僕らが食事している間もひっきりなしにお客さんがきていました。

入り口では石臼を回せるコーナーがあったりと、楽しいお店でした。

 


鈴乃屋

■住所
千葉県富津市湊801-3

■TEL
0439-67-0767

■営業時間
11:00-20:00

■定休日
月(祝日の場合は翌日)


鈴乃屋そば(蕎麦) / 上総湊駅

夜総合点★★★☆☆ 3.1

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*