メバルの漬け丼とクジメの天ぷら+カニの味噌汁で釣りメシ定食

メバルの漬け丼とクジメの天ぷら+カニの味噌汁で釣りメシ定食

今年初の海釣りでの釣果、メバルクジメショウジンガニ
釣りの醍醐味は、釣った魚をおいしく食べられること。僕の中では、食べるまでが釣りなわけです。

ということで、釣ったその魚たちをそれぞれ違う方法で調理して食べることに。
メバルは刺身にして、クジメは唐揚げ? ショウジンガニはやっぱり味噌汁だよなぁ……と、どんな料理にするかを考えるのが釣りを終えた後の帰り道の楽しみだったりします。

今回の釣りメシも、ばっちりおいしいものとなりました。
嗚呼、これだから釣りはやめられない。

千葉内房の堤防で釣った魚を捌いて定食作り

2017年初めての海釣り。
釣り場はいつもの千葉内房にある堤防としました。

穴釣りポイント!千葉内房の堤防釣りでメバルにクジメちゃん

ボウズもあるかなと思いつつ向かったのですが、メバルやクジメを釣りあげることができました。
大漁とはいかないものの、満足満足。

メバルの漬け丼とクジメの天ぷら+カニの味噌汁で釣りメシ定食

今回の釣果はメバル2匹とクジメ3匹。
どちらも割合引きがあるので釣り自体楽しめますし、食べてもおいしいので好きな魚です。

スーパーなどではあまり見かけない魚を食べられるのも、釣りの楽しみのひとつ。

メバルの漬け丼とクジメの天ぷら+カニの味噌汁で釣りメシ定食

番外編で、一緒に行った先輩が釣ってくれたショウジンガニ。
テトラポッドに隠れていたりするのですが、味噌汁や鍋に入れると出汁がでておいしいのですよ。

さて、妻とも相談しつつ釣りメシのメニューを考えます。
結果、下記のようにすることにしました。

  • メバル … 刺身漬け丼
  • クジメ … 天ぷら
  • ショウジンガニ … 味噌汁

いざ!釣った魚を捌いて調理

メニューが決まったら、早速魚を捌いていきます。

メバルの漬け丼とクジメの天ぷら+カニの味噌汁で釣りメシ定食

まずはメバルから。
おいしくいただくために、釣った直後に血抜きしてあります。

メバルの漬け丼とクジメの天ぷら+カニの味噌汁で釣りメシ定食

漬け丼にするため、3枚おろしにしていきます。
メバルのアラからは良い出汁がでるので、頭などは残しておきます。

メバルの漬け丼とクジメの天ぷら+カニの味噌汁で釣りメシ定食

最後に皮をひいて中骨を取れば完了です。

あまり大きくない魚をさばくには、小出刃包丁が便利ですよ。

メバルの漬け丼とクジメの天ぷら+カニの味噌汁で釣りメシ定食

最後にひと口大の切り身にして、漬けダレに漬け込みます。

漬けダレは、鍋で酒・みりんを煮てアルコールをとばしそこに醤油を加え、冷めてから生姜とニンニクおろしを少し加えたものです。

メバルの漬け丼とクジメの天ぷら+カニの味噌汁で釣りメシ定食

メバルから肝がとれたので、漬けダレに加えてみました。
肝を加えただけで、漬けダレのおいしさが大幅にレベルアップ。肝の旨味って本当にすごい。

メバルの漬け丼とクジメの天ぷら+カニの味噌汁で釣りメシ定食

メバルのアラは味噌汁にするために水に入れて火にかけます。
煮てすぐに上品な脂が、湯の表面に浮かんでキラキラと光り始めますよ。

メバルの漬け丼とクジメの天ぷら+カニの味噌汁で釣りメシ定食

ショウジンガニはミソからいい味が出るので、真っ二つに切って湯に入れます。
こちらも湯に入れてすぐに蟹の良い香りが湯気と一緒に立ち昇ってきます。

メバルの漬け丼とクジメの天ぷら+カニの味噌汁で釣りメシ定食

最後にクジメ。
アイナメの仲間だけあって刺身にしてもおいしい魚ですが、今回は刺身はメバルに譲って天ぷらにすることにします。

メバルの漬け丼とクジメの天ぷら+カニの味噌汁で釣りメシ定食

こちらもメバルと同様に3枚おろしにして、皮をひいて中骨を取り除きます。
ここから先は妻にバトンタッチ。衣さくさくの天ぷらにしてもらいます。

いざ実食!釣りたて魚の絶品定食

魚を捌いて、調理して……。
釣った魚を食べるまでは時間がかかりますが、その手間を考えても、釣りたての魚はおいしいのでやめられないのです。

さてさて、今回の釣りメシ定食ですが……。

メバルの漬け丼とクジメの天ぷら+カニの味噌汁で釣りメシ定食

こんな感じになりました!
メバルの刺身漬け丼にクジメの天ぷら、加えてショウジンガニの味噌汁と定食っぽくバランスが良くなるように考えてみました。

メバルの刺身漬け丼

メバルの漬け丼とクジメの天ぷら+カニの味噌汁で釣りメシ定食

さて、まずはメバルの刺身漬け丼から。
酢飯の上に大葉を敷き、その上に漬けダレに漬けたメバルの刺身を盛り、最後に卵の黄身をのせました。

食感と風味を増すために刻みネギと白ゴマをたっぷりかけていただきます。
自分で作ったから当たり前なのですが、見た目が完全に僕の好み。旨そ。

メバルの漬け丼とクジメの天ぷら+カニの味噌汁で釣りメシ定食

黄身を軽く絡めてひと口……。うん、これはおいしい!
漬けダレにメバルの肝をいれたことで旨味が強く、弾力のある身も食感が良くてこれは絶品。

メバルはクセがないので、どんな料理にも合うんですよね。
漬けは初めて試しましたが、メバルの特徴である上品な脂も感じられる漬けとなりましたよ。

一気にかきこみたい。でもそれじゃ勿体ない、という気持ちとの戦いw
箸が止まらない一品でした。

クジメの天ぷら

メバルの漬け丼とクジメの天ぷら+カニの味噌汁で釣りメシ定食

さて、お次はクジメの天ぷら。
妻のアレンジで、衣には青のりが混ぜられています。

メバルの漬け丼とクジメの天ぷら+カニの味噌汁で釣りメシ定食

釣りたて魚の天ぷらはやはり塩で。
クジメは若干特徴的な香りを持っているのですが気にならない程度、身がホワホワとして美味です。

クジメはアイナメよりも味わいが劣ると言われますが、食べるとおいしい魚です。
個人的には、クジメは調理するよりも刺身で食べたほうが好きかな。

ショウジンガニとメバルのアラの味噌汁

メバルの漬け丼とクジメの天ぷら+カニの味噌汁で釣りメシ定食

最後に、ショウジンガニの味噌汁。
カニの他にもメバルのアラを入れてあるので、表面にメバルの脂が浮いています。

メバルの漬け丼とクジメの天ぷら+カニの味噌汁で釣りメシ定食

ショウジンガニは汁物にいれるだけで強く旨味をだしてくれる大変おいしいカニ。
胴体部分の味噌や身は、カニの味が濃くてしゃぶりついてしまう旨さです。

堤防で釣りをしていると、水際にひょっこり顔を出しているのを見かけることの多いショウジンガニ。イソメなんかを前に差し出すと飛びついてきます。
さばく必要もないので調理も簡単ですし、おいしいですので見かけたら釣りに挑戦してみてはいかがでしょう。

メバルのアラをいれたことで、カニ以外にもメバルの脂の旨みが感じられる味わい深い味噌汁となりました。

まとめ

釣りメシ定食。
メバルの刺身漬け丼にクジメの天ぷら、加えてショウジンガニの味噌汁という布陣でしたが、釣りたて魚のおいしさを堪能できる贅沢な定食となりました。大満足。

漬けダレに肝をいれることで旨みが抜群に良くなるということが、今回の一番の発見でした。
次はぜひ、カワハギで肝入り漬けダレの刺身漬け丼に挑戦してみたいですね。
想像するだけで、よだれが……。

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。
制作のご依頼はお問い合わせフォームよりお願いします。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*