釣った特大ヒラメをさばく!刺身と寿司にして肝醤油で堪能

釣った特大ヒラメをさばく!刺身と寿司にして肝醤油で堪能

千葉館山の堤防釣りで先輩が釣り上げたヒラメ
これが70cmの特大サイズ。血抜き後で3.3kgと、クーラーボックスにもギリギリなんとか入る大きなヒラメちゃんでした。

釣りから帰った後、先輩のご好意でそのヒラメを一緒にいただけることになりました。

いざ実食!と楽しむ前に、まずはさばかなくてはいけません。
とはいえ、ヒラメをさばくなんて初めて。しかも特大とあってもう四苦八苦です。

それでもいただいてみればやはりおいしい!
寝かせた方がおいしいのは間違いないですが、釣りたてのブリブリ食感の刺身を食べられるのは釣り人の醍醐味ですね。

千葉館山の堤防釣りで釣った70cmの特大ヒラメ

釣った特大ヒラメをさばく!刺身と寿司にして肝醤油で堪能

釣ったヒラメがこちら。先輩が小サバの泳がせ釣りで釣り上げました。
改めて落ち着いて見てみても、大きいのなんのって。

まさかこんなサイズのヒラメが堤防から釣れるなんて思いもしませんでした。

釣った特大ヒラメをさばく!刺身と寿司にして肝醤油で堪能

腹の面はこんなお姿。
調べてみると3.5kgで14,000円とかだったので、1万円は超える高級魚さん。素晴らしい。

堤防釣りで70cmのヒラメが!千葉館山での泳がせ釣りで大物GET

詳しくは前回の記事を見ていただければと思うのですが、ボウズも覚悟するくらい釣れない日だったので、最後の最後にドラマが待っていた感じです。

釣ったヒラメをさばいてみる

さて、一日中釣りをした後で体力もわずか。
ほとんど寝ていないため早めにさばかないとこちらも意識が保てないわけですが、ヒラメなんてさばいたことがないためかなりドキドキしておりました。

釣った特大ヒラメをさばく!刺身と寿司にして肝醤油で堪能

金たわしを使って鱗を取り、その後、頭を落として内臓を取ります。
さすがに特大とあって骨も太い。なかなか頭が切り離せなくてしょっぱなから苦戦。

釣った特大ヒラメをさばく!刺身と寿司にして肝醤油で堪能

肝も立派なものが取れました。
肝醤油にして食べようと、軽く酒をふって冷蔵庫で保管しておきます。

釣った特大ヒラメをさばく!刺身と寿司にして肝醤油で堪能

「ヒラメは5枚おろしなはず」という記憶だけはあったので、帰るまでに車の中で調べた手順を思い出しながらさばいていきます。
中骨に身が残ってしまいますね。普通の魚を3枚おろしにするよりもやはり難しい!

釣った特大ヒラメをさばく!刺身と寿司にして肝醤油で堪能

皮を削いでみれば身はやはり綺麗。身が厚い上に脂がよくのっています。
さて、ここまでくればあとはおいしくいただくだけです。あー、楽しみ。

いざ実食!釣りたて高級魚ヒラメの刺身の味はいかに

釣った特大ヒラメをさばく!刺身と寿司にして肝醤油で堪能

釣りたてヒラメのフルコース。
急いで作ったのと意識朦朧だったのもあって出来はイマイチですが……。

ま、ものがいいから大丈夫でしょう。

釣った特大ヒラメをさばく!刺身と寿司にして肝醤油で堪能

まずは刺身から。
薄造りにしたかったのですが、うまくできずに厚めの仕上がりになってしまいました。

釣った特大ヒラメをさばく!刺身と寿司にして肝醤油で堪能

刺身は肝醤油につけていただきます。新鮮で大きな肝は量もたっぷり。

釣った特大ヒラメをさばく!刺身と寿司にして肝醤油で堪能

刺身を一口食べてみると、ものっすごいブリブリの食感。
肝醤油の旨味と新鮮でクセのない味の身の相性は◎。ただ、寝かせてから食べたほうが身の旨味は強くなりそうです。

釣った特大ヒラメをさばく!刺身と寿司にして肝醤油で堪能

妻が刺身をにぎり寿司に、中落ちのたたきを軍艦巻きにしてくれました。
素人なので見た目はご愛嬌。

釣った特大ヒラメをさばく!刺身と寿司にして肝醤油で堪能

こちらにも肝醤油をたっぷりとつけてぱくり。
釣ってすぐに食べるのであれば中落ちのほうが甘みがあっておいしいですね。これは幸せ。

釣った特大ヒラメをさばく!刺身と寿司にして肝醤油で堪能

実は先輩はカワハギも釣っていました。
そのカワハギの肝でも肝醤油を作ってヒラメのものと食べ比べてみましたが、肝醤油ではやはりカワハギのほうがおいしいですね。

ヒラメのほうは肝刺しにしても良かったかしら。
なかなかヒラメをさばく機会はなさそうですが、次回は肝刺しを試してみようかと思います。

まとめ

先輩が釣ってくれたおかげで、釣りたての高級魚ヒラメを堪能することができました。
釣りたてのヒラメを食べるのは人生で初めて。なかなかこんな機会ないですよね。

アラと冊を分けてもらったので、そちらは翌日自宅でゆっくり食べることに。
1日寝かせたヒラメは旨味が凝縮されてとにかく美味。そちらの食事の様子はまた次回の記事にて!

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。
制作のご依頼はお問い合わせフォームよりお願いします。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*