【名作?】ハマったファミコンソフトランキングベスト10!

あなたとって名作?クソゲーですか?僕がハマったファミコンソフトをベスト10ランキングにしてお届けします!

小さい頃に夢中になって遊んだものってなんですか?僕は基本的には外で遊ぶ子供でした。
ザリガニ釣り、サッカー、かくれんぼ…いつも泥んこになって遊んでいました。

そんな中、小学校入学時に祖父母に買ってもらったファミコンが新しい遊びを僕に教えてくれました。

親に1日1時間と制限された中で、いかにゲームを進行させるかを必死に考えて、ファミコンの電源ボタンをいれていた記憶があります。

そんな僕がハマったファミコンソフトをベスト10ランキング形式で発表しようと思います。

あなたとって名作?クソゲー?僕がハマったファミコンソフトベスト10ランキング

今回は単純にハマった(楽しくて時間を費やした)ファミコンソフトのランキングです。
面白かったけど、何度もやらなかったゲームは除いています。
シリーズものはその中の一番好きな作品を選んで、やんわりとランキングを上げてあります。

また、僕のゲームの好みは下記のようになります。

  • 登場人物が成長して育っていくのが好き
  • 仲間が増えていくのが好き
  • アクションよりロープレ派
  • 複数人よりも一人で遊びたい
  • 地道なレベル上げ割と好き

根暗な感じがでております。

ではでは、10位から発表です。

【10位】 悪魔くん 魔界の罠

アニメ『悪魔くん』がゲーム化されたロールプレイング作品です。

元々アニメが好きなのが購入したきっかけではありますが、悪魔くんのどんよりとした世界観が忠実に再現されており、ゲームシステムもユニークで夢中になりました。

説明が少なく難しい面もありますが、徐々に増えていく仲間たちが頼もしく、仲間意識を強く持てるゲームでした。

ユングが好きだったなぁ。

【9位】 キャプテン翼

プレイしたことがある方も多いのではないでしょうか。

斬新なプレイシステムで、ロールプレイング調の選択式でゲームを進めていく形です。

序盤はドライブシュートを打てば大体クリアできますが、中盤あたりから急に難易度が上がり、「くっ!ガッツが足りない!」と何度も言われる羽目になります。

森崎くんはキャッチができません。

【8位】 桃太郎伝説

ドラクエとシステムはほぼ同じで、内容が桃太郎になった感じのゲームです。

この後桃太郎電鉄で一世風靡していく桃太郎ですが、原点のこの作品はストーリーが面白く、敵キャラにも愛嬌があり楽しめます。

わざの名前がユニークで面白いです。

【7位】 パロディウスだ!

あまりやらないシューティングゲームがランクインです。

シューティングゲームもいろいろありますが、『パロディウスだ!』は使える機体がユニークなものが多く、また、それぞれの機体によって動きや装備している武器が違うなど細部までこだわりが見える作品でした。
2人でもプレイできるのも魅力です。

ちなみに僕の愛機はペンギン。

【6位】 ワイワイワールド

アクションゲームがランクイン。

あまりやらないアクションゲームですが、『ワイワイワールド』はストーリーがあり、RPG要素も存分に持った作品なので好んでプレイしました。
また、仲間を集めて自由にキャラを変更できるシステムが魅力でした。
2人でもプレイできるのも◯。

ドンキーコングが強くて好き。

【5位】 スーパーマリオブラザーズ3

またまたアクションゲームです。

これは語る必要も無い名作では無いでしょうか。
とにかくやりこみました。

タヌキマリオが好みです。

【4位】 くにおくんの時代劇だよ全員集合

こちらも名作、くにおくんシリーズです。

友達の家に行けば大体このシリーズのサッカーとか運動会とかやっていました。
他の作品も好きですが、僕は『くにおくんの時代劇だよ全員集合』が一番好きでした。
1人でもやりこみ要素が多く、キャラクターを成長させることができるのが魅力でした。
キャラを変えられるのも嬉しい。

すくりゅ〜が最高です。

【3位】 ドラゴンボール 神龍(シェンロン)の謎

大人気ドラゴンボールシリーズ。
僕もどっぷりハマりました。

悟空になりきって敵をやっつけるのは爽快そのものでした。何より、ドラゴンボールが好きだからね。

しかしまあ、このゲームの難しさったらなかったなぁ。。ライフと制限時間が一緒なのにも悩まされました。

【2位】 川のぬし釣り

これどうなんでしょう。
僕はものすごくハマりました。

自分で好きなところに移動して、好きな仕掛けとエサで釣りをする。
何かと制約が多かったファミコンゲームにおいて、この自由さはすごかったと思います。

釣りが好きだったこともありますが、自分で考えて大きな魚を釣る喜びは大きなものがありました。

すぐ体力尽きるのが難点。

【1位】 ドラゴンクエストIII そして伝説へ…

悩んだけど、ハマったという意味ではここは譲れ無かったです。
ドラクエシリーズの中でも『ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』が僕は一番好きです。

地道にレベル上げて、強い武器買って強敵を倒すのが快感でした。
防具はあまり買わず、武器に投資するタイプです。

序盤の魔法の鍵を手に入れるときがとにかく苦戦したなぁ。
ミイラ男の大群にやられるパターン。

ランキング外

ちなみにランキング外はこんな感じでした。

  • エキサイトバイク
  • 闘え!ラーメンマン
  • 六三四の剣
  • ミラクルロピット
  • スカイキッド
  • サラマンダー
  • ワールドベースボール
  • SDガンダムワールド ガチャポン戦士
  • ボンバーマン
  • 聖闘士星矢

まとめ

ゲームというとファミコンのドット絵の感じが一番わくわくするのは僕だけでしょうか。
最近のスマホアプリや最新機器でゲームもしましたが、リアルになればリアルになるほど興醒めする自分がいます。

想像する余地が無くなるんですよね。

ドット絵ピコピコ音楽のわくわく感は今でも忘れられないのです。

次はクリアできなかった難しいファミコンソフトランキングでもしますねw

無料で梱包キットに詰めるだけ。買取キット料金・着払い料金はすべて無料で楽に売れます。



古いゲーム買取ヤマトク

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*