Evernote無料版が同期端末を2台に制限…端末削除方法まとめ

Evernote無料版が同期端末を2台に制限…端末削除方法まとめ

「 Evernoteベーシックの仕様変更について」というメールがEvernoteから届きました。読んでみると、下記のような気になる記述があります。

30 日後より、Evernote ベーシックでノートを同期できる端末は、2 台までとなります。プランをアップグレードすることで制限を撤廃できます。

僕が使っているのはEvernoteベーシック(無料版)。思いっきり変更の影響を受けることになりそうです。
そのままにしていてはまたEvernoteから催促がきそうなので、同期端末数の見直しを行うことにしました。

Evernoteベーシック(無料版)の同期端末数制限に収まるよう2台に設定

大きな変更があったのは下記の2つでした。

  1. Evernoteベーシックの同期端末数制限
  2. 料金プランの変更(プラスとプレミアムの値上げ)

僕は無料版を使っているので料金プランの変更については影響がなかったのですが、変更理由については下記のように説明があります。

私たちの目標は、長期的な視野をもって Evernote を改良し続けることです。ユーザの要望に応える新機能も随時実装しながら、主要製品をよりパワフルに、直感的に使えるようにすることに投資していきます。一方で、それを実行するためにはたくさんの労力と時間、そしてお金が必要になります。そこで、Evernote に大きな価値を見出してくださる方には、私たちが必要な投資を行えるよう、ぜひ力を貸していただきたいと考えております。ひいては、みなさんの利用体験を向上できるものと信じています。

 

Evernote無料版が同期端末を2台に制限…端末削除方法まとめ

これは大きな変更。無料版が同期端末数制限したのに、さらに有料版の値上げも同時におこなったわけですからね。

僕はEvernoteベーシックを利用しており、パソコン3台とスマホ1台で同期して使用していました。

Evernote無料版が同期端末を2台に制限…端末削除方法まとめ

ですので同期数制限がかかったことで使い勝手がかなり悪くなりました。有料版にする気はないですしね。
ひとまず、このまま警告メールが送られ続けても面倒なので接続端末数を2台にしました。

同期端末数制限を2台にする設定

  1. まずは下記にアクセスします。
    https://www.evernote.com/Login.action?targetUrl=%2FDevices.actionベーシックで利用可能な端末数
    Evernoteに登録している情報を入力してログインします。
  2. 端末の管理ページに接続されます。
    赤文字で注意書きが書かれていますね、本気だ……。

    端末数の上限に達しました。 Evernote ベーシックでは、最大で 2 台の端末からノートにアクセスできます。すべての端末でアクセスできるようにアップグレードするか、「アクセスを取り消す」をクリックして以下のうち 3 台からログアウトしてください。なお、Evernote Web(ブラウザ版)は端末としてカウントされません。

    Evernote無料版が同期端末を2台に制限…端末削除方法まとめ
    右下部分に現状登録されている端末が表示されます。

  3. 外したい端末の右の「アクセスを取り消す」をクリックします。Evernote無料版が同期端末を2台に制限…端末削除方法まとめ
  4. 制限端末数の2台になれば完了です。この時点で警告文は消えます。Evernote無料版が同期端末を2台に制限…端末削除方法まとめ

まとめ

Evernoteベーシックの同期端末数制限にしても、料金プランの変更にしても、利用者には大きな影響があるでしょうね。
正直、別端末での無制限同期は重宝していたので、なんとも驚いております。制限が増えてしまったな、という印象。

と言っていても仕方がないので、無料版を利用している方は上記設定を早めにしておくことをオススメします。

 

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*