手の中の金平糖 僕のなかの太陽

rp_20151231080220.jpg

急がなきゃ

手の中には金平糖

もう尖ったところは無いようだ
手を開かなくてもわかる

感覚

ベタベタした感触
気持ち悪い
まとわりつく

触覚

ずっと握って走っているもんだから手汗で表面が溶けだしている

こいつは こいつらしさを
失っている
ただの玉だ
こいつは

それなら丸けりゃなんでもいいんじゃなかろうか

石ころでも
そうすりゃ溶けない

でも
それじゃ甘くないか

たったった

急ごう

どんどん溶けるんだ
だけど絶対に離しちゃいけない
それだけはわかる

ばばばばば
バイクが通る

溶ける前に
行かなくちゃならない

急げ

あぁ
どんどん溶けていく
カタチが無くなる

いやいや
待て
金平糖は溶けたって金平糖だろう
味は変わらんよ

いや
しょっぱくなるよ

それに
トゲがなけりゃ
ダサい

誰だ

走れ

誰だ

溶けちまえ

誰だ

走れ

誰なんだ

走ってくれ!

走っているだろう

僕は走っている

走って欲しいのは
一体誰だ

僕だ

僕は
僕に
走って欲しい

僕は僕なんだ

感覚

ベタベタした感触
気持ち悪い
まとわりつく

触覚

だが無い

金平糖は無くなってしまった

ただただ残る
ベトっとした感触
虚無感

足を止めて
手を開いてみる

べりべりべ

空気に触れた部分が固まっていて
皮膚と皮膚がくっついて
少し抵抗があった

手のひらは
溶けたあいつと
僕の汗で
テカテカと照っている

僕のなかの太陽

太陽を舐めてみた
甘くてしょっぱい
太陽

無くならないように
また手を閉じた

いつの間にか
走れという声は無くなった

僕は
また走ることにして
足を強く踏み出した

そこに 地面は無い

急がなきゃ

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*