有明の東京ビッグサイトから水上バスで日の出浅橋を経由し浅草へ

妻と東京ビッグサイトに行ったときのこと。

ふと海上バスの案内が気になって、有明客船ターミナルから浅草まで海上バスで移動してみました。

水上の優雅な旅 手軽に楽しめる水上バス

僕ら夫婦は乗り物好き。

乗り物に乗れば旅感覚を味わえる習性です。

船に気軽に乗れるとあれば乗るしかない、ということで乗船です。

有明客船ターミナルから出発

f:id:islog:20151231014705j:plain

ビッグサイトからゆりかもめに向かう途中に、水上バスの乗り口はあります。

f:id:islog:20151231014716j:plain

有明客船ターミナルです。

f:id:islog:20151231014723j:plain

有明客船ターミナルには待合スペースもあり、旅に出る感をより高めてくれます。

f:id:islog:20151231014730j:plain

船が着岸する際にアナウンスが入るので乗り場へ向かいます。

f:id:islog:20151231014736j:plain

おー船だ。

行きは電車だったのに帰りは船、新鮮な感覚です。

f:id:islog:20151231014746j:plain

乗り込むと想像より広い空間でした。
海を見ていたいので、海に近い場所に座りました。

f:id:islog:20151231014756j:plain

海は茶色で綺麗とは言えないです。
いつか綺麗にしたいね。

川からの風景は普段見れない景色なので、気持ち良いのです。

f:id:islog:20151231014809j:plain

船は有明を出て日の出浅橋へ向かいます。

f:id:islog:20151231014822j:plain

日の出浅橋経由で浅草へ

f:id:islog:20151231014833j:plain

日の出浅橋に着くと、乗り換え口に向かいます。

f:id:islog:20151231014841j:plain

船の形が変わった。

この時ははとバスツアーとかぶってしまったらしく、満席状態でした。
ガイドさんと同席の面白い展開でした。

散歩している人や川沿いのカフェなんかを眺めて過ごします。

f:id:islog:20151231014850j:plain

船ならではの橋の下からの眺め。

f:id:islog:20151231014859j:plain

ちなみに船の中にはカウンターがあり、軽食やお酒を楽しめるようでした。
この時は混んでいたのでまたの機会としました。

船旅を楽しんでしばらくすると、浅草に着きました。

はとバスツアーの集団に紛れて浅草の街へ繰り出しました。

まとめ

普段訪れている場所でも、行き方を変えるだけで旅感覚が味わえて楽しいものです。

次回は船の中でお酒でも、と考えております。

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*