ドイツベルリンでブランデンブルグ門など名所を巡る長い散歩旅

ベルリン巡り初日、BuelowstrにあるホテルからPotsdamer Platzまで歩いた僕らは、その後ブランデンブルグ門のほうへ歩いていきました。

ドイツベルリンでアートに触れる散歩旅!美術館や博物館を巡る

ベルリンのシンボル ブランデンブルグ門(Brandenburger Tor)

ブランデンブルグ門はベルリンの壁が存在していた時、東ベルリン西端の行き止まりとなっていた門です。

f:id:islog:20151229175849j:plain

ちょうどベルリンの壁崩壊から25周年という日を目前に迎えていたので、ブランデンブルク門の前はステージが設置されていたりとお祭りモードになっており、多くの人で賑わっていました。
VIPがきているのか、ホテルの前ではホテルマンが赤絨毯を急いで敷いたり、その周りに野次馬が集まったりと、ちょっとした騒ぎにもなっていました。

この時点で僕らはまだ元気があったので、引き続き散歩しようということになりました。

ベルリンの中心で東西を結ぶ目抜き通りUnter den linden

Unter den lindenを東に歩いていき、世界遺産である博物館島を目指します。
Unter den lindenは森鴎外の小説『舞姫』にも登場する通りで、有名なフンボルト大学もこの通り沿いにあります。アインシュタインが研究をしていたり、多くの著名人が通った大学です。

ブランデンブルグ門から20〜30分ほど歩くとフンボルト大学です。フンボルト大学までくれば、博物館島まではもう一息です。

f:id:islog:20151229175908j:plain

f:id:islog:20151229175910j:plain

博物館島に着くと夕方になっていたので、博物館巡りは後日にし、Alexander Platz駅まで歩いていき、U2でホテルまで戻りました。
前日のスーパーが楽しかった僕らは、この日の夕食もスーパーで調達してホテルで食べました。

f:id:islog:20151229175931j:plain

いよいよ次の日からは自転車を借りてベルリンの街を巡ります!

海外旅行の際は、いつでもネットに接続できるレンタルWi-Fiルーターが便利。自宅受け取りなら送料無料です!


海外WiFiならエクスモバイル

スーツケースのレンタルなら、スーツケースの破損事故等でも無償対応してくれる下記が便利。ネットから申し込みすれば10%OFFです!


「スーツケース買うのはちょっと…」という方はこちら

「旅の指さし会話帳」は海外旅行に欠かせない1冊!指1本さすだけで現地の人に希望を伝えられるので便利ですよ。


旅の指さし会話帳(本・電子書籍・ダウンロード)

旅行前にはトリップアドバイザーで口コミを調べて旅行計画!航空券やホテル・レストラン、観光スポットについても調べることができます!


世界最大の口コミ旅行サイト

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*