AWSのS3で運用している静的サイトに手動でアップロードする手順

aws%e3%81%aes3%e3%81%a6%e3%82%99%e9%81%8b%e7%94%a8%e3%81%97%e3%81%a6%e3%81%84%e3%82%8b%e9%9d%99%e7%9a%84%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88%e3%81%ab%e6%89%8b%e5%8b%95%e3%81%a6%e3%82%99%e3%82%a2%e3%83%83

昨日は格安で静的ウェブサイトを運用できる、AWSのS3での構築方法についてまとめました。

【まとめ】AWSのS3上で静的なウェブサイトを構築する手順

本日は静的ウェブサイトを運用する上で必要な、データをアップロードする方法をまとめます。

MacのターミナルからS3へデータをアップロードする

S3へデータをアップロードするにはS3cmdが便利です。
http://s3tools.org/s3cmd

S3cmdのインストールと初期設定

  1. ターミナルよりMacPortsを使って「S3cmd」をインストール
  2. アクセスキーとシークレットキーの設定

S3cmdコマンド一覧

S3cmdを使ってローカルからS3にデータをアップロードする


  1. などとしてアップロードする。
  2. S3エンドポイントから正しく表示されているか確認。

まとめ

S3cmdをつかうことでS3へのデータアップロードも簡単です。
是非活用していきたいですね。

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*