ARTslant | 無料で展示可能なウェブアートギャラリー

日本でアーティストを志すのがなかなか難しい理由は以前綴らせていただきました。

美術・芸術・アート(ART)日本に根付かず歩き回る価値観

キュレーターに見つけられたり、特定のギャラリーがつかない限りはアーティスト自身での『自分プロデュース』も必要かと思います。

ここでは、海外のアーティストたちとコミュニケーションがとることが可能になり、無料でウェブ内で自分の作品を展示ができるサービスをご紹介します。

海外のウェブアートギャラリーに作品を展示して露出を増やす

今回ご紹介するのは”ARTslant”というサービスです。

f:id:islog:20151230095733p:plain

http://www.artslant.com/

ArtSlantは世界的なアートカレンダー、アーティスト、レビューおよび、オリジナルと印刷物のオンラインのアート販売をもったコンテンポラリー・アートネットワークです。

海外のものをおすすめするのは、海外ではアートが生活に浸透しているため、あらゆる人が意見をしてくれます。
日本でしか自分の絵を見てもらったことがない方は是非とも一度試してみていただきたいです。

ページ右上から、無料で会員登録でき、無料スペースを作成することができます。
参考までに、下記が僕のページです。

f:id:islog:20151230095751p:plain

http://www.artslant.com/global/artists/show/68409-hidekazu-ishikawa

長らく放置したままですが(笑)

このサービスをおすすめするのは、ランキングが月一で行われたりするので、結構見てもらえるということです。
そして前述のように、コメントが意外とあります。

f:id:islog:20151230095803p:plain

コメントのやりとりから意気投合し、現在もFacebookでやりとりをしている方も何人かいます。
それほど、作品を通すことでやりとりがしやすくなり、海外のギャラリー事情などを聞くことができたりもします。

また、一緒に展示をしたことがあるアーティストは自動的にリストされたりしていました。

f:id:islog:20151230095814p:plain

登録しておくだけでも、自分のアーティスト名でググったときに上のほうにきたりしますよ。

日本だけでなく、色々な国のアーティストとの輪を拡げていくことをおすすめします。

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメント

  1. URURUNDO より:

    初めて出会ったアート関係のブログです。
    時間のある時にアトランダムに次々と読んでいくつもりです。
    楽しい。

  2. islog より:

    ururundoさん
    コメントありがとうございます。
    アート以外にもいろいろ書いてしまっていますが、読んでいただけたら嬉しいです。
    ururundoさんのブログ、毎回記事が公開されるのを楽しみに読ませていただいてます。
    これからもよろしくお願いします。

コメントを残す

*