青空個展(下北沢)でセメントプランターを出品してきました

2016年5月07日(土)の青空個展、「下北沢大学2016春MOTTAINAIてづくり市(小物出展)【しもきたスクエア】」に出店してきました。

以前ベルリンでアートマーケットには出店していたことがあるものの、日本での出店は初めてでございます。
久しぶりということもあり準備がドタバタになりましたが、自分の作ったものを見る人の反応を目の前で見れるのはやはり刺激になりますね。

当日はとても暑く、炎天下にずっといるのはそれだけで大変ではありましたが、良い経験となりました。

出品したのはマンネングサとマコデス・ペトラを植えたセメントプランター

出品したのはセメントプランターです。

「雑草という名前の草はない」 セメントプランターに植えた道端の植物

以前の記事にも書きましたが、雑草を中心に植えています。

今回はいくつかの型のプランターを用意しました。

f:id:islog:20160516110156j:plain

植えた植物は主に、

  • マンネングサ
  • マコデス・ペトラ

の2種です。

f:id:islog:20160516110158j:plain

こちらはマンネングサ。

「普段は気にも留めなかった雑草に目を向けることで、これまで気付かなかった美しさに触れることができる」というコンセプトがあるので、雑草であるマンネングサを植えました。

f:id:islog:20160516110159j:plain

こちらはプランター代のみの設定にします。
どんな反応があるか楽しみです。

f:id:islog:20160516110201j:plain

もう一方のマコデス・ペトラ。
葉脈がキラキラと輝いているジュエル・オーキッドと呼ばれるラン科の植物です。

「自分で光っちゃえばいいじゃん」マコデス・ペトラが我が家にやってきた

f:id:islog:20160516110202j:plain

セメントプランターとの相性は良さそうです。
元々は、友人の川端くんがプレゼントしてくれて知ったマコデス・ペトラ。

今回のマコデスたちも川端くんが整理をしたことでできたおこぼれを頂戴しました。
他にもらった分は家に水槽を置いてその中で育成中です。

下北沢大学2016春MOTTAINAIてづくり市へ

青空個展はいろいろなところで開催されていますが、今回は下北沢で開催された青空個展での出店です。

f:id:islog:20160516110203j:plain

会場は下北沢駅北口から徒歩1分といったところ。

f:id:islog:20160516110204j:plain

会場に着いたら早速レイアウト開始です。何度か出店している妻とスペース半分ずつの出品になります。
慣れている人が隣にいるのは心強い限り。

f:id:islog:20160516110205j:plain

お客さんの反応を見てみたいという目的もあり、アクセサリーも少し準備しました。

【セメントワーク】雑草用のプランターや葉っぱ的なものを作っています

セメントのアクセサリーはなかなか見ないですが、いかがでしょう。

f:id:islog:20160516110208j:plain

昼前頃になると人が多く訪れます。
他の出店ブースを覗くと、皆さんガーリーなアクセサリーが多いです。女子力高い品ばかり。

f:id:islog:20160516110206j:plain

こちらおっさんが作ったセメント素材の品々w
周りの品の雰囲気とかけ離れているためどうか、と思ったのですが割と見ていただけまして。質問いただいたり、手に持ってみていただけたりと、そのやりとりがなんとも楽しく、且つ良い刺激にもなります。

f:id:islog:20160516110209j:plain

日差しが強くグングンと育つ植物たち。対照的に人間(僕ら)はバテテきます。

マンネングサの説明をするときに「雑草なんですよ」と伝えると驚かれる方も多かったですが、想像していたより皆さん好感を持っていただくことが多かったです。
マコデス・ペトラの葉脈のキラキラを覗き込む姿を見るとなんとも嬉しい。

f:id:islog:20160516110210j:plain

結果いくつかのプランターとアクセサリーがお嫁に行きました。いい子でいるんだよー。

まとめ

マコデス・ペトラに興味を持たれることは想像していたのですが、マンネングサに想定していたよりも興味を持たれる方が多かったことに驚きました。嬉しいですね。

f:id:islog:20160516112313j:plain

ちょうど花の咲く時期だったので、お嫁にいった次の週には黄色い花を咲かせたことでしょう。

自分の作ったものを目の前で見てくれる方がいるというのはやはり刺激になりますね。実際の反応がそのまま体感になるので、創作意欲をかきたてられますし、次の制作のイメージにも広がります。

久しぶりの手作り市出店でしたが、時々出店するのも刺激になって良いかなと考えています。次はどんなの作ろうかしら。

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメント

  1. kame710 より:

    こんにちわ。
    やあステキですね。
    ぜひとも本物をみたいです。触りたいです。
    ああ、近くだったらなあ…(残念!)
    ガンバってくださいね。

  2. islog より:

    id:kame710 さん
    こんにちは。
    触りたいと思っていただけるのはとても嬉しいです。
    ありがとうございます!
    精進して良いもの作れるように頑張りますです。

コメントを残す

*