釣り2本立て!旧江戸川シーバスルアー釣り→千葉内房五目釣り

シルバーウィークだったからこその強行軍。

旧江戸川でのルアー釣りから千葉内房でのエサ釣りまで2本立てを敢行してきました。

せっかくの連休にも関わらず、予定が空いた時間。
ふと釣りに行きたくなり旧江戸川でのルアー釣りに友人を誘ったところ、たまたま予定が合ったことから始まりました。

徹夜で釣り三昧 – 思いつきにのってもらえる喜び

車で友人達をピックアップし、旧江戸川に向かいます。
満潮が夜20時頃だったため、夕方に出発しポイントを探します。

ルアーで狙うことになるのですが、僕はまだルアーで魚を釣り上げたことがありません。
今回こそは釣り上げてやろうと、新人を導入しての釣行です。

f:id:islog:20151231044144j:plain

バイブレーションとミノーの美しいお姿。

旧江戸川でシーバス狙いのルアーフィッシング

f:id:islog:20151231044154j:plain

旧江戸川といえばシーバスルアーフィッシングのメッカです。

前回は上流に行ったのですが、今回は河口が良いとのうわさを聞き、河口へと向かいました。

旧江戸川での釣りから中滝アートヴィレッジまで!千葉で過ごしたいい時間

長い連休を謳歌するようにロマンティックに景色を眺めるカップルの中、男3人でポイントを探します。

f:id:islog:20151231044252j:plain

3人でやるのに程良いスペースを見つけ、早速釣り開始です。
満潮時になると、僕らの隣には続々と釣り人が並びます。

ここからはひたすらシーバスとの勝負です。
ルアーを変えたり、わからないながらもアクションを変えながら誘います。
…が、一向に釣れる気配がありません。
激しく根掛かりに悩まされて気力が衰えてきた頃、僕の中に新たな思惑が浮かんできました。

明日も休みじゃないか

釣れない悔しさをこのままにはしておけない。
僕は得意としている千葉内房の漁港に行くことを心に決め、友人達を誘いました。

突然決めたこと。
一緒に行くのは難しいかなと思っていたのですが、2人とも誘いにのってくれました。

なんとも嬉しいことです。

思いつきにのってもらった時の興奮ったらありません。

装備を変えるため一度自宅へ戻った後、また改めて千葉内房へ車で向かいました。
…ちなみに、僕らと並んで釣りをしていた方々も釣果は芳しくなかったようですが、僕らの2つ隣の方が2時間ほどの間にシーバスを3本あげていました。
60cmほどとのこと。

「こんなに近いのに何故」と思い、恥を忍んでルアーなどについて聞いてみましたが、使っているルアーの種類などは同じようでした。
ロッドやリールは比べ物にならないと思いますが、それであれば彼の周りにいた方もなかなかの装備と見えました。

「その時々でルアーや誘い方は変えるよ」とおっしゃっていました。

どなたかルアーフィッシングを教えてください!

エサ釣りに切り替えて千葉内房へ

夜中の高速道路を千葉内房へと向かいます。
この時すでに夜中の2時くらいでした。

まずは釣具と餌を調達しなくてはなりません。

今回は便利な釣具屋を見つけました。
君津インターを降りて5分ほどのところにある24時間営業の釣具屋です。

第一フィッシング 君津店

店内は広く、釣具や餌が豊富に取り揃えてあります。
連休中ということもあってか、夜中だというのに次から次にお客さんがきていました。

かわはぎ針やコマセ釣り用の仕掛け、餌はアオイソメやオキアミ・剥きアサリなどを購入しました。
コマセとブロック氷も購入です。

装備も整ったのでいつもの漁港へ急ぎます。

漁港に車を停めると、堤防のベストポジションに向かいます。
この堤防は夜中はまず人はいません。

いつもの場所に荷物を置くと、買ってきたビールをあけて落ち着くことにします。
寝ていないこともあったので、朝まずめの良い時間まで仮眠を取ろうと考えていました。

が、ビールを飲みつつ水面を眺めてみると、大量の小魚が水面を泳いでいるのが見えます。
堤防に設置された灯りに照らされて、体がキラキラと光っています。

イワシの大群のようでした。

しかも、よく暗闇に目を凝らしてよく見てみると、その小魚の群れが右へ左へ逃げ惑うように動いているのがわかります。

ナブラです。
時折シーバスのような大きな魚が跳ねるようになりました。

3人ともビールを飲むことすら忘れて、ルアーでナブラ周りを探ります。
好機としか思えませんでした。
夢中でキャストを繰り返しました。

f:id:islog:20151231044351j:plain

…明るくなってきました。
いつしかナブラも消えています。

見るからに釣れそうな状況でもルアーでは釣れませんでした。

いそいそとエサ釣りの仕掛けに変更します。

するとやはり朝まずめの効果で友人が釣果をあげ始めました。

f:id:islog:20151231044359j:plain

朝焼けも赤みがかって綺麗です。

メバルに始まり、イシダイ・カワハギと小型ではありますが食いついてきます。

結局、

  • メバル
  • イシダイ
  • カワハギ
  • ウミタナゴ
  • ベラ
  • キス
  • コチ
  • ギンポ

という釣果になりました。

また、この日は僕が仕掛けていた竿が4回海に落とされました。
仕掛けは、ウミタナゴをカニ用のテンヤに結んでおいたものでした。

ガザミでもかかったら良いなと思って仕掛けていたのですが、引き上げた後のウミタナゴの残骸を見ると、丸くかじられていたようだったのでタコかと思われます。
落とされた竿を救出して一度手前まではひけたのですが、底に張り付かれてしまったようで引き上げられませんでした。
ちょっとよろけるくらい引かれました。

友人と次回はタコ狙いで挑戦しようと話しています。

釣った魚は美味しく調理

さて、今回の釣果です。

f:id:islog:20151231044408j:plain

ウミタナゴやベラなど、5匹ほどカニ(タコ)用の餌としたのでまあまあの釣果でしょう。

メニューは、

  • 刺身(カワハギ)
  • 煮付け(メバル・イシダイ)
  • 唐揚げ(ベラ・キス・コチ・ギンポ)

に決めました。

まずはすべて鱗と内臓を取り、刺身と唐揚げにするものは3枚におろします。

f:id:islog:20151231044417j:plain

キスやコチは小さかったので内臓だけ取り、ベラは3枚におろして骨も揚げることにしました。

唐揚げにする魚はさばいた後、醤油・酒・生姜おろし・ニンニクおろしを合わせたものにしばらくつけておきます。

f:id:islog:20151231044425j:plain

後はかたくり粉をまぶして揚げるだけです。

煮付けは、魚を鍋に入れ、魚が半分浸るくらいまで水をいれます。
そこに醤油・みりん・酒・砂糖・生姜片をいれて煮立て、アルミホイルなどで落し蓋をしてとろ火で10分ほど煮ます。

f:id:islog:20151231044433j:plain

最後に蜂蜜を垂らすと照りがでます。

今回は汁があきらかに多すぎました。

米を炊くのが面倒だったので、冷麦を茹でました。

f:id:islog:20151231044442j:plain

煮付けはメバルが絶品でした。
身が柔らかいため、味がよく染みてホクホクと良い食感でした。
イシダイは身が固めなので、揚げ物のほうが合うかもしれません。
ちなみにイシダイの刺身は旨いですよ。

f:id:islog:20151231044451j:plain

唐揚げはどれも美味しかったです。

特に揚げたてのベラはハンバーガーなどにしても最高だと思われます。
ベラの新しい食べ方を見つけてしまいました。

ギンポはやはり天ぷらのほうが合います。

骨を揚げたものは、大きめのものは固かったですが、小さいものはカリカリと美味しくいただけました。

写真に写っていないカワハギの刺身ですが、疲れていたのか食卓に出すのを忘れていました。
次の日にいただきましたが、さすがカワハギといった味でした。

刺身は1日寝かすと風味が強くなるのでおすすめです。

まとめ

結局、五目釣りに戻って欲望を満たしてしまいました。
ルアーでも釣りたいので、改めて勉強して場数をつもうと思います。

また、姿は見えませんでしたが、おそらくタコであろう強敵も次は釣り上げようと早くも息巻いております。

釣りはやればやるほど楽しみが増えますね。

これからまた釣りにとって良い季節になります。
良い報告ができるよう次は狙いをしっかりと持って挑みますね。

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*