赤崎遊歩道|神津島一押しの岸壁に設置された美しい木製遊歩道

赤崎遊歩道|神津島一押しの岸壁に設置された美しい木製遊歩道

釣りキャンプを目的に訪れた神津島
しかし、初日は雨、2日目は強風と悪天候に悩まされ、思うように釣りになりません。

3日目も朝目覚めてテントの外に出てみると引き続き強風。釣りには向かない状況だったので、一旦釣りから離れ、観光を兼ねて散歩することにしました。
目的地に決めたのは赤崎遊歩道。神津島では有名な遊泳スポットなのですが、泳げない時期でも岸壁に設置された木製遊歩道が美しいようだったので訪れてみることにしたのでした。

神津島のおすすめ観光スポット「赤崎遊歩道」

神津島旅での初日・2日目はあいにくの悪天候。

ハタンポで釣りメシ!神津島釣りキャンプ開始も釣りは絶不調

かろうじて釣れたハタンポで釣りメシをしたわけですが、釣果としては散々なものに……。一旦気持ちをリセット!とはいきませんが、観光がてら散歩をして気晴らしをすることにします。

僕らがテントを張って宿泊していた沢尻港キャンプ場から目指す赤崎遊歩道までは海沿いをのんびりと歩いていきます。

赤崎遊歩道|神津島一押しの岸壁に設置された美しい木製遊歩道

この日も白波がでるくらいの強風。
道中には店などは一切ないため、準備をして沢尻港キャンプ場を出発します。

海岸沿いを北へと進み赤崎遊歩道を目指す

赤崎遊歩道|神津島一押しの岸壁に設置された美しい木製遊歩道

沢尻港キャンプ場から歩いて向かう場合、錆崎トンネルを通り、神津島温泉保養センターの横を抜けていきます。

赤崎遊歩道|神津島一押しの岸壁に設置された美しい木製遊歩道

ところどころ見所もあります。
写真は大きな岩に穴が開いた「ぶっとおし岩」。気になるスポットでは足を止め、休憩を兼ねてゆっくりと時間を過ごします。

赤崎遊歩道|神津島一押しの岸壁に設置された美しい木製遊歩道

青く綺麗な海を眺めながらの散歩。最高ですね。長浜キャンプ場を抜けて歩いていきます。

赤崎遊歩道|神津島一押しの岸壁に設置された美しい木製遊歩道

途中にはトロッコ跡なんかもあります。海へと伸びていく風化したトロッコ橋です。興味深い。

赤崎遊歩道|神津島一押しの岸壁に設置された美しい木製遊歩道

途中途中で気になるものに足を止めながらも歩き続けて1時間半ほど。ようやく赤崎遊歩道が見えてきました。

通常はバスで行く方が多いようですね。神津島港から15分ほどのようですよ。

サマーシーズン以外でもおすすめの観光スポット「赤崎遊歩道」

赤崎遊歩道|神津島一押しの岸壁に設置された美しい木製遊歩道

赤崎遊歩道は岸壁に設置された木製遊歩道です。岩の上に絶妙に建てられた遊歩道は一見の価値ありですよ。

赤崎遊歩道|神津島一押しの岸壁に設置された美しい木製遊歩道

シーズン中は遊泳スポットとして知られます。
三方を囲まれているので波も静かで、子供連れでも安心して海水浴ができるそうです。

赤崎遊歩道|神津島一押しの岸壁に設置された美しい木製遊歩道

海水浴をしないにしても、海の上に作られた複雑で独特な造りの遊歩道を歩くだけでも気分が良いですよ。
飛び込み台もあるのでスリリングな体験も可能です。

赤崎遊歩道|神津島一押しの岸壁に設置された美しい木製遊歩道

遊歩道の途中に架けられた小橋を渡っていくと、高台へと進んでいけます。

赤崎遊歩道|神津島一押しの岸壁に設置された美しい木製遊歩道

遊歩道は結構高い岩山の上まで続いています。
高台から眺める景色はとても美しいので、登ってみることをおすすめしますよ。

赤崎遊歩道|神津島一押しの岸壁に設置された美しい木製遊歩道

神津島の山々、遠くに見える別の島、どこまでも広がっているような海。いつまでも眺めていられる景色です。

まとめ

赤崎遊歩道|神津島一押しの岸壁に設置された美しい木製遊歩道

シーズン中の遊泳スポットとしてはもちろん、シーズン中以外でも美しい景色が眺められる観光スポット「赤崎遊歩道」。

僕は海岸沿いをゆっくりと散歩するのが心地良かったですが、若干遠いのでバスやレンタルサイクルなどを利用して行くのも良いでしょう。なかなか見られない景色と雰囲気に触れられるのでおすすめの場所ですよ。

※動画も合わせてご覧ください!

 

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*