【悲報?】ついにリリースされた『Adobe Acrobat DC』

【悲報?】ついにリリースされた『Adobe Acrobat DC』

『Adobe Reader』の後継の『Adobe Acrobat DC』が4/7にリリースされましたね。
レビュー見てると散々な状況のようです。

本日はそんな『Adobe Acrobat DC』について綴ります。

『Adobe Reader』後継の『Adobe Acrobat DC』の評判

まず、『Adobe Acrobat DC』とはなんでしょう。

Acrobat DCは、新しい概念で生まれ変わった世界最高峰のデスクトップ版PDFソリューションです。モバイルアプリが含まれているため、多様なデバイスを使ってPDFの入力、署名、共有が行えます。また、Document Cloudサービスを使用すれば、あらゆるブラウザーでPDFの作成、書き出し、編集、追跡が可能になり、どのデバイスからでも最近表示したファイルにいつでもアクセスすることができます。

Adobe Acrobat DC

『Adobe Reader』後継であり、別物ではなくアップデートとなっています。

利点としては下記のようなものが挙げられます。

  • PCやスマートフォン/タブレット、ウェブブラウザなどから最近閲覧したPDFファイルにアクセスできる「Mobile Link」機能を搭載しており、データは無料のクラウドストレージで共有される
  • タッチパネルを考慮したUIを採用

対応OSは、Windows 8/7、Windows Server 2012 R2/2012/2008 R2、Mac OS X 10.9~10.10、iOS 8.0以上、Androidは端末により異なるようです。

まぁ機能だどうこうは置いておいて、現状の評判は良くなさそうです。

App Store(iOS)、Google play(Android)で散々の評価

『Adobe Reader』から『Adobe Acrobat DC』になり、機能もそうですがUIが大きく変わりました。
そんな大きく変わったものが、別物としてリリースされたわけではなくアップデートされてしまったため、当然ではありますがユーザーからは散々な内容のレビューが飛び交っています。

3月にアメリカで発表されてから4/7に日本で提供開始予定となっていたようですが、一般ユーザーの方はあまり気付いてなかったでしょう。
もう少しプレスリリース等はっきりあれば良かったのですが、4/7のアップデートは突然だったと感じている方も多いのはないでしょうか。

Adobe Acrobat DC – PDF Reader

■App Store

App Store

https://itunes.apple.com/jp/app/adobe-acrobat-dc-pdf-reader/id469337564?mt=8

■Google Play

Google Play

 

2ヶ月経ったので改めて確認してみましたが、

2ヶ月経ってもこんな調子です

このような調子です。

評価は4.3となっていますが、バグは相変わらず発生しているようです。

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.adobe.reader

全く悲惨なコメントばかりです。

まとめ

ユーザがレビューしているように、こういう大きな変更はしっかりと伝える事が必要ですよね。

何よりも、多くのユーザに利用されているアプリケーションなだけに、影響も大きいのだと思います。

ユーザに認知されて、早く便利になった機能自体にスポットライトがあたることを祈ります。

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*